健幸美食料理教室
健幸美食料理教室
【京都南校・草津校】無添加・発酵の体験料理教室
京都南校「Collabo Earth E9」・草津校「CocoやしCafé」・大津校「桐生古民家」

開催概要

教室名 :  体験料理教室(京都南校・草津校)
定員 :  4名
場所 :  京都南校「Collabo Earth E9」・草津校「CocoやしCafé」・大津校「桐生古民家」
費用 :  5000円
その他 :  ※費用は通常価格から紹介割引が適用されています。
【大津校】は自宅開催のため予約時に詳細はお伝えしています。

会場地図

京都南校「Collabo Earth E9」・草津校「CocoやしCafé」・大津校「桐生古民家」

住所: 〒601-8013 京都府京都市南区東九条南河原町9−1

会場地図

京都南校「Collabo Earth E9」・草津校「CocoやしCafé」・大津校「桐生古民家」

住所: 〒525-0041 滋賀県草津市青地町656


講師の無添加・発酵料理エピソード

『美味しかったよ。また作ってね。』~生きていて、一番嬉しい言葉~

私は、実家が自営業ということもあり、ほぼ、おうちご飯でした。「俺が修行時代はいいものを食べられなかったから、せめて従業員にはそんな思いはさせたくない。」と思っていた父は、必ず従業員さんに温かいご飯を食べさせるようにしていました。そのため、お店が忙しい土日は私もご飯を作らされてた記憶があります。その時に従業員さんに言われて嬉しかった言葉は、『美味しかったよ。また作ってね。』でした。

一方、母は甘いものがあまり好きではなかったため、ケーキを買ってくれたことがありませんでした。その代わり、道具やレシピ本はなんでも買ってくれて、小学5年生くらいから作り出した記憶があります。そのため、お菓子作りが得意になっていきました。高校生の時は美術の専門学校に通っており、毎日課題に追われている日々でした。そんな中でも、家族や友達の誕生日、クリスマスなどのイベントの時には必ずお菓子を作っていました。その時に言われたのも、『美味しかったよ。また作ってね。』という言葉でした。

その頃から、みんなが楽しみにしていてくれる事、喜んでくれることに幸せを感じていたのだと思います。

好きなのに、ストレス

高校卒業後、理容学校のインターンのため、友達の家に2週間居候することになりました。そのときの条件が 【お弁当を作ること】 と【晩ご飯を作ること】でした 。共通の友達がたくさんいたので、晩ご飯はみんなで食べることが多かったです。その時にもやっぱり、『美味しかったよ。また作ってね。』と言ってもらって嬉しかった記憶があります。

そのおかげで社会人になってから一人暮らしを始めても自炊はできましたし、友達もよく遊びに来たのでみんなでご飯を食べる機会が多かったです。しかし、作ることが好きだった反面、ストレスもありました。

目新しい調味料、料理本に載っている調味料を買ってみても使いきれませんでした。どんどん溜まっていき、挙句の果てには賞味期限が切れ、廃棄する羽目に。昔から廃棄するということがとても嫌だったのに、ついつい買ってしまい、自己嫌悪に陥るという負のルーティンでした。

その頃は、料理本に書いてあるものが絶対必要だと思い込んでいて、何かで代用という概念がありませんでした。そして、子供が赤ちゃんの時、離乳食のタイミングで卵・乳のアレルギーが判明し、4歳くらいまでおやつも全て手作りをしていました。その頃はまだ子どものアレルギー用の食事やおやつが市販であまり出回っていなかったため、手作りするしかなかったのですが毎日のこととなると大変でした。子どもが喜んで、『美味しかったよ。また作ってね。』と言ってくれても……ストレスが溜まっている自分がいました。

そして、今から3年前に体質改善をし、パーソナルトレーニングと食事制限をして、半年で11kg落としました。しかし、やめた途端にリバウンド。体が重くなると体を動かすことも嫌になりました。この頃は、『美味しかったよ。また作ってね。』が自分の幸せだということさえ忘れていたと思います。

あの思いをもう一度

コロナが流行したことによって外出自粛になり、体重も増え、「このままではダメだ、またもう一度もとの生活に戻したい」と思った時に、健幸美食のお料理教室に出会いました。

元々、田中先生がお味噌作りの教室を開催しているのは知っていたこともあり、体験教室に参加してみることにしました。

そこで、田中先生の思いを聞いて感動と衝撃を受けたのを覚えています。健幸美食のお料理教室の調味料は、基本12種類の調味料のみ。ほぼなんでもお料理が作れて簡単、それだけでなく美味しい。そして体に良い。使用しない調味料がなくなったし、賞味期限切れで廃棄するというストレスもなくなりました。そして、賞味期限を気にするどころか、使いすぎて作ることが間に合わなくなるという嬉しい悲鳴が起きるほどでした。健幸美食のお料理教室の調味料で簡単につくったお料理に、『美味しかったよ。また作ってね。』と、家族や周りの人から言ってもらいました。

「あ、私はこれが生きていて、一番嬉しい言葉だった!」と、思い出しました。

私は娘と一緒にお料理教室に参加しました。面白いことに最近では、娘と会話が増えました。娘が食べて『これ何入れてる?』と聞いてきたり、 『今日は〇〇作るねんけど、何味がいい?』などなど。

そして、今まで手伝いは一切しなかった娘が徐々に手伝うようになり、仕事で遅くなる日はメニューさえ伝えていれば作っていてくれることもあります。子どもでもお料理が出来る簡単さなので、もっと幼い時に出会えていたら。。。と思いました。ぜひ、お子さんが小さいうちから一緒に参加して欲しいと思います。

私の今の目標は、『日本文化を通して世界中の人を笑顔にしたい』です。日本文化ってすごく幅広いものだと思います。中国から伝わった味噌や麹は、古くから日本料理にはかかせないものです。食の中に文様の意味や日本の四季、そして伝統などを取り入れて伝えながら、簡単に美味しく、そしてたくさんの人が笑顔になれる食を届けたいです。

ユーザーの声

手間暇かけて作ったお料理に引けを取らない

とにかく教室で教えてもらうお料理は簡単であっという間にできてしまうのに、ちゃーんと美味しいのです! これまでもレンジで簡単レシピは作ってことがありますが、それなりのお味。でもこちらのレシピは手間暇かけて作ったお料理に引けを取らない美味しさなのが嬉しいです。 そして無添加調味料を作り、たっぷりと持ち帰れるのが有難いです!!熟成させているお味噌とリンゴ酢、そしてこれから作る数々の調味料が楽しみで仕方ありません。 教室で作る時、調味料を一応測って入れるのですが、少々の誤差はまーったく問題ない感じで、少し間違っても「ニコニコ笑顔の先生♡」少しぐらい多くても少なくても美味しく出来る!というのが、とても嬉しいです。 お野菜を仕入れていらっしゃるお店が、たまたまうちのご近所さんだったこともあり、すっきりそのお店のファンになって通っています。美味しくて体に良いお野菜を取り入れることが出来て凄く嬉しく思っています。ただのお料理教室ではなく、無添加調味料も教えてくれるのは健幸美食さんならでは♡だと思います。

日々の食事で身体は作られている

『30分で7品。体が喜ぶご飯』なんて夢のような話があるの?と思っていた謎が解けてスッキリしました! 本当に簡単に作れて、美味しくて身体が喜ぶご飯でした。改めて、「身体に優しいご飯を作ることは何もハードルの高いことでは無いんだ。」と分かりました。
【参加してからの変化】
まずお土産でいただいた無添加調味料を使って その日の晩ご飯を作らせていただきました。
子供たちのご飯への食いつきが普段と全く違い、「今日のご飯、美味し〜い。」を連発していました。
娘と一緒に調理をしましたが、 調味料の使い分けも面白かったようです。とってもシンプルで子供でも使える調味料でした。
『食事を作ること=家族の空腹を満たすため。』になってしまっていたのが、『日々の食事で体は作られている。』と本当に 再認識することが出来ました。分かってはいても、日々流されてしまっていたので、きっかけをありがとうございました。

講師

堀香織 (健幸美食協会認定講師)

京都生まれ、京都育ち 料理は嫌いではないものの、仕事のあとに作るのは面倒だなあと日々思いながら生活をしていました。 そんな時に出会った健幸美食協会の無添加調味料。 パッパッと30分で美味しいものが、5〜7品くらいは出来ちゃうので、惣菜を買って帰ることもほとんど無くなりました。 1番嬉しかったのは、「どこか食べに行こうか?」 と、娘に聞くと、 『おうちのご飯がいい』と、言ってくれます。 簡単なのに、無添加で、美味しくて、身体によい♪ それもこれも健幸美食協会の無添加調味料を手に入れたおかげです! そんな素敵な無添加調味料をたくさんの人に知って欲しい!! そんな思いで講師になる事を決めました!

お申し込み

体験料理教室(京都南校・草津校)

本料理教室は満席です。申し訳ありませんが、他の教室へのお申し込みをお願い致します。



体験レッスンへ

健幸美食協会から体験会の情報やお知らせをお届けします。
お気軽にご登録ください。